TOPページ > blog > news > 土浦の平屋の家 現場進捗 

blog

土浦の平屋の家 現場進捗 

2017/12/30

年末ですね。

今年は1月に無事に第3子を出産することができ

みなさまの温かいお心遣いの中、仕事をすることができた一年でした。

毎年が、本当にかけがえのない経験の連続であることを

こうした節目に改めて実感させられます。

今年一年、e do design に関わってくださったすべてのみなさまに

感謝申し上げます。

 

水戸のRC造の家と土浦の平屋の家、

2軒が、来年1月末に竣工予定です。
(どちらも内覧会を予定していますので、またご案内させていただきます。)

土浦の平屋の家も、着々と仕上がってきています。

 

土浦の平屋の家は、60代の夫婦が住まう家です。

断熱性能や暖房器具など、体に優しい配慮をしています。

 

現場の進捗としては、内部の大工造作が終わり、壁と天井の仕上が年内終了。

外部の金属製サイディング貼も進行中。

 

内部の壁と天井には、自然塗料を採用しています。

リボスのデュブロンという塗料で、透湿性が高いので

夏の調湿効果や、カビの抑制にも効果があり。

ボード下地に直接塗装せず、一度下地用のクロスを施工した上に塗装しているので

上から何度でも塗装し直せる、メンテナンス性やエコロジー性にも優れたものです。

 

一部あらわしになっているひのきの柱やべいまつの梁、

堀こたつのある小上がりスペースのひのきの造作部材の塗装にも

自然塗料を使用しています。

木目をいかしながら、ライトグレー色に塗装しています。

(プラネットカラーのウッドコート)

ページトップへ