TOPページ > Works > architecture > ” koku ” 阿見の家

contact

” koku ” 阿見の家

刻 ” koku ”

 

施主は電設会社を経営され、自身も現場に携わる職人さん。

仕事仲間の大工さんを通じて、設計の依頼をいただきました。

その元請けの大工さんは、弊所兼自宅の建築の際に

現場に入ってくださっていた方。

施主と、大工と、設計の三人四脚で進んだ案件です。

 

現場では、施主自ら電気配線工事をこなし、

照明の計画でも施主のこだわりが詰まっています。

 

大工が木を「刻」み、家をつくりあげていくように

施主自身が現場に入り、

一緒に現場をつくりあげていく

そんなかけがえのない機会を「刻」んだ住まい

 

施主と設計をはじめたころ

新婚ほやほや、奥様のおなかには小さな赤ちゃんが

 

このあたらしい住まいで

うまれたての家族が

あたらしい家族の時間を「刻」んでいく・・・

 

 

竣工後半年経ってからの、竣工写真撮影でしたが

住まい方を含め、庭や家具など住まいの随所に

施主家族の思いがさらに「刻」まれていて

生活を楽しまれている様子にこちらも嬉しくなりました。

 

この住まいで

たくさんの素敵な瞬間が「刻」まれることを祈っています

 

 

所在地: 茨城県稲敷郡阿見町
竣工: 2017年11月
敷地面積: 391.88㎡ (118.3坪)
建築面積: 78.66㎡ (23.7坪)
延床面積: 126.69㎡ (38.2坪)
用途地域: 市街化調整区域
構造: 木造在来
規模: 地上2階建て
用途: 専用住宅
構造設計: 増田構造計画 増田浩之
施工: 光輝建築
写真: 平林克己
ページトップへ